EOS 5D MarkIII SPECIAL EXPERIENCE

父に誘われEOS 5D MarkIII SPECIAL EXPERIENCEへ10日出掛けてきました(^^
画像

ニコンとオリンパスの新製品発表会へ出掛けた事がありましたが
その2社と比較しても会場内は暗めで華やかさが少し物足りなめでした。
会場は高感度撮影を試せるように意図的に暗めにしているようですが
折角、新発売前の製品をに触らせて頂くのに
高揚感が沸き起こりにくくしている感じで勿体ないですね。
メイン機材をニコンで固めている私だから思ったのでしょうか・・・(^^;;;


10台以上のEOS 5D MarkIIIに希望する好きなレンズ(200mm程度以下のEFレンズ)を装着して撮影を試せるハンズオンコーナーには台数分の人数しか居なかったので殆ど待たずに試させて頂きました(^^
普段EOS 5D MarkIIを扱っている父の方が慣れた様子で操作してMarKIIとMarkIIIの違いを熱心に説明員と話しており父はEOS 5D Mark IIIに満足しているような感じでしたが、
私は先日触ったD800と比較してファインダーの出来とかシャッターをきった時の感覚の違いに注目してのEOS 5D MarkIIIを触れさせて頂いていましたが・・・・
脇で展示されていたEOS-1DXへの興味が強くなりEOS 5D MarkIIIの場を2~3分程度で離れました(^^ゞ


EOS 5D MarkIIIへは数分で興味をなくした私ですが
同じキヤノンでもファインダー内の見え易さ、シャッターをきった時のファインダー内画像の安定感、シャッター音などやはりキヤノンのフラッグシップ機種のEOS-1DXは違いますね
じっくりと触れさせて頂いていたらあっというまに10分程度過ぎていました(^^;A

たまたま装着されていたレンズも発表されたばかりのEF24-70mm F2.8L II USMは標準域ズームレンズなのにフィルター口径を82mmまで拡大し中心部だけでなく周辺部の画質向上を図っているとか
レンズ面には汚れが付着しにくいというフッ素コーティングやズームロック機構も設けて扱いやすさも改善させていて少々興味を引くレンズでした(^^





帰り道にヨドバシカメラ新宿西口本店で馴染みの店員(S)に声を掛けてみたら
キヤノンさんは商売上手ですねと関心していました(^^
「ニコンのD3桁機種に合わせてEOS 5D MarkIIIをだしておきながら
秋ごろにEOS 5D MarkIII以上の新型を出すようですよと・・・・」
今までニコンの新型機種情報を2~3ヶ月程度前倒しで教えてくれていましたが
まさかキヤノンの情報まで教えてくれるとは・・・(^^;
この春はニコンの圧倒的優位な感じですが
2012年9月18日(火)~23日(日)で行なわれるphotokina 2012で
キヤノンは私達を吃驚させてくれそうですね(^^;;;

"EOS 5D MarkIII SPECIAL EXPERIENCE" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント