先行展示 K-7

画像
東京・新宿(ペンタックスフォーラムショールーム)で先行展示されているデジタル一眼レフカメラK-7を、31日の昼頃、触れてきました。

休みの日曜日だったのですが、天候が悪くて撮影に出掛ける気分にならなかったので、息子の大好きな電車乗りもかねて2人でのお出掛けです

11:40分頃にペンタックスフォーラムショールームに着きました。
K-7に触れる為の整理券を配っていました。
私は24番券を受け取ったと同時に16番券の方が呼ばれてK-7を触れていましたので、私の前に8人が待っているだけだと判り
K-7は2台展示されていたので比較的早く触れられるかなと期待しましたが、
K-7に触れる時間制限が無かったみたいなのと
K-7一台ずつにそれぞれ付いて下さっている説明員に質疑応答しながら満足できるまで、自由に触っていたので私が触れるまで40分程待ちました。
8人待ちでなく途中の2人は番号が呼ばれても居なかったので実際は6人待ちでした。


シャッターを押しての感触が共感出来なかったのは一寸残念でした。
シャッター音が、静かなのも良いが連写してもなにか物足らない
ファインダーが100%視野といっても室内だったのと
視野倍率もFXフォーマットのD3に慣れているせいもあってか感動をよばなかったですね。
他のデジタル一眼レフで動画撮影出来る機種では1台もファインダー100%視野機種はないので
デジタル一眼レフで動画撮影を行いたい方には便利そうですが
私はデジタル一眼レフで動画撮影を積極的に行うつもりがないので・・・・

しかし液晶画面の高倍率化やISO感度の変更などの操作したボタン感触なども悪くなかったし
中央部の9箇所の合焦ポイントはクロスセンサーを配置しているのもあって
かなり高速に合焦している感じなのは高評化を与えたいですね

それにしても残念なのがK-7はペンタックス機種ということです。
ニコン機種なら予約購入も行ったかも知れませんが、
レンズ・スピードライトなどのアクセサリー等も新規に購入せねばならないのですから
それを乗り越えても購入したい気持ちにいまいちさせてくれませんでした。

しかしニコン機種以外で発売前ながら
機種を触れたい気持ちにさせてくれたのは本当に久しぶりです。
今後のペンタックスにも頑張って良いデジタルカメラを作って欲しいものです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント