NECが、次世代DVD(ブルーレイ・HD)両用のLSI開発発表!

NECエレクトロニクスが、次世代DVDのブルーレイディスクとHD DVDの両方式に対応出来る基幹部品の高密度集積回路(LSI)を、世界で初めて開発したと発表しました。

NECエレクトロニクスは来年春モデルのPCに搭載出来るよう組み立てメーカーと協議を進めているそうです。
年末商戦時に次世代DVDのブルーレイディスクとHD DVDが本格対決販売合戦が行われますが、年明けたらとりあえず、NEC製のPCが最も注目するデジタル商品になりそうですね(^^

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月12日 00:04
ん~。こうでなくては…でもどちらかが衰退したら無駄な機能になってしまうのでしょうかね(^_^;)
過渡的な時期には嬉しいですね。でも…高いのでしょうね(笑)
2006年10月13日 11:53
Naoさん、こんにちは。
新しい機能で出始めはかなり高いのでしょうね(^^;
私のデスクトップ機種購入時期は、2年後以降のつもりですので、その頃には割安になっている事を期待していますが、私のPCは全て富士通製なのですよね(^^;;;
次期PCで始めて富士通以外を購入する事になるかな(笑)
ironsky
2006年10月16日 22:35
ブルーレイが断然有利かと思っていたら、必ずしもそうとは行かないかもしれないし。
購入するに当たっては悩むところです。
しかし、今回のことで、両方式対応のものが出たら、それはメリットがあります。
PC用のDVDドライブも、プラス、マイナスあまり気にしないで使うことができているのも、両方式対応だからです。
2006年10月18日 20:23
ironskyさん、こんにちは。
私も次期DVDとしては、ブルーレイが先行するのかと思っていましたが、HD DVDのPC用が今秋に出始めて来ましたので、どちらが本格的に広まるのか判らなくなったかと思うので、次期DVDの両用は助かりますね(^^
arata
2006年10月18日 23:29
とにかく、こういう複数規格並立は消費者にとって何のメリットもないと思いますし、結果的に私のように買い控える人間も少なくはないと思いますし、メーカー側にとっても損失は少なくないんではないでしょうか?そういう意味でも両方の規格を包括する機器を出すのは得策でしょうね。DVDですら多規格乱立で私は結局導入がかなり遅れましたから、また新規格で同じ事されたんじゃ、困りますよ。デジタル写真もファイルサイズが大きくなって、頻繁にHDDからの書き出しが必要になったときに容量の大きなDVDは大歓迎です。ノートPCでこれが出来るようになったら海外でHDD容量が足りなくなった時にもすごく助かりますし。
2006年10月19日 11:51
arataさん、こんにちは。
私もモバイルPC購入計画は、完全にこの情報で延期になりました。
次期DVDの両用モバイルPCは、デスクトップPCから始まり大型ノートPC、モバイルノートPCの順になると想像出来るのでかなり順延しそうです(^^ヾ
レンズ+
2006年10月23日 19:45
ブログにコメント書き込み、有難うございます。
大山寺の紅葉は結構有名ですよ。
私は紅葉撮影予定は、箱根、鎌倉、大山と決めてます。
昨年は北鎌倉がメインだったので、寺めぐりをして良い撮影ポイントを探します(昨年は鎌倉のお寺の掃除をされている方から声をかけていただき、良いスポットを教えていただきました)。
話が変わりますが、私は"Blu-ray"派です。
容量が全てですから(^^)。PS3が発売されれば一気に行くと思います。長文すみません。


2006年10月23日 20:57
レンズ+さん、こんにちは。
今年は、大山寺の紅葉に出掛けてみようかと思い始めています(^^ヾ
次期DVDでは、容量対価格のコストパフォーマンスと読み書き速度に注目しています。